英国がEU離脱することで発生する経済活動への影響

英国がEU離脱することで発生する経済活動への影響

本文
英国のEU離脱による経済活動への影響ということで、
すでに日本への影響を心配する声がありますね。

EUよりも実質日本の方が影響が大きいのではという声もあります。

実際に、これから2年間かけて手続きを進めていくんでしょうが、
日本の企業が約1,000社程あるそうで、今後、英国での拠点の意味が薄れてくる。
そうなると、再度、EU各国へ拠点を作らなければならないというのだそうです。

結局、またコストがかかりそうです、・・・・というお話。
全てが、お金に関するものばっかりですね。

今回の事も、移民への不満が、キッカケになっているようですが、
グローバリゼーションなどによって、IT化によって、労働を奪われた人が
そのはけ口として、移民への不満を爆発させて、今回の離脱への賛同となったと言われている。

これからまた、AIによって、さらなる、人が要らなくなるような勢いですからね。

人が、みんなが幸福に暮らせる社会というのは、夢の中の夢なんでしょうか。

日記

木山裕策さんの「home」で思うこと

木山裕策さんの歌う、「home」をスマホで聞いている。
先日、NHKのお昼の番組で出演していて、フルコーラスで流れていたのを見ていて、思わず懐かしいなぁ、と思った。

木山裕策さん、なかなかマイホームパパなんですね。
サラリーマンやってプロとしてのデビューは30歳過ぎてからの遅咲きなんですね。

今の現代の安全として、懐かしい懐の腕というのは、
マイホームしかないんでしょうかね。

なんだか、マスコミに作られた空想のように思えてならないんだけどね。

でも、homeしか、自分のアイデンティティを確認する場所がない人が多いのか?

幸せを感じる場所としては家庭なんでしょうが、
なんとなく、みんな、外への扉が閉じられている様に思えてならないんですね。

そうじゃなくて、自分だけの幸せなんか、ありえないんだけどね。災害が多い日本ではみんなが助け合っていかないとなりたたくなっているのではないか?

 

日記